利用者視点に立ったユーザーファーストSEOを成功させる秘訣

書類を渡している男性

長くて短いを目指すSEO対策と時間の関係

SEO対策には時間との関係は切っても切れないものです。時間について2つを改善すればアクセスアップへとつながります。1つはページの滞在時間です。もしも検索してページにたどり着いたとき、ユーザーが欲しい情報がそこになかった場合にはすぐに検索画面に戻りますが、反対に興味深いものであった場合には滞在時間は長くなります。
この滞在時間は大手検索サイトのランクに影響を及ぼすと言われており、この時間を伸ばすために1ページあたり1000文字以上のテキストを入れることがSEO対策につながるといった意見もあります。
もう1つは短くしたほうが良い時間についてです。それはページの表示スピードです。アニメーションなどを多く使うと見た目は豪華なサイトですが、ページが開くまで長くなってしまい読み込みが遅いことで検索ページに戻るユーザーが多いというデータがあります。前述の滞在時間を長くするということにも逆行してしまい、滞在時間が短縮される要因となりますので表示までの時間を短くするというのはSEO対策の中では大切です。
サイトを作る際にはユーザー側の気持ちになってご自身のページを確認してみましょう。きっと対策が見えてくるはずです。そしてより客観的に判断してもらうべくSEO専門
業者の力を借りることもオススメします。きっと合理的にサイトが改善されアクセスアップにもつながることでしょう。